大阪で眼瞼下垂の治療を行いました

肩こりの原因は眼瞼下垂

肩こりの原因は眼瞼下垂自然治癒はないから手術を決意視界や肩こり、顔の印象も良くなった

年齢とともに締まりのない顔つきになっていると感じていたのですが、それと同時に視界が狭くなってきたという悩みも抱えていました。
これまでより瞼が重く垂れさがっているような感じであり、目の周りのマッサージなどを行ったけれど問題が解決することはありません。
どうしようもないと諦めて生活していたのですが、段々肩こりなどの不調も感じられるようになりました。
整体に通って肩こりを直してもらおうと思ったのですが、眼瞼下垂のせいで姿勢が悪くなって肩こりが起こっているのではないかと指摘されたのです。
以前、整体のスタッフの家族が同じような症状で悩まされていたことがあり、この症状のせいで姿勢の悪さや肩こりが起こっていたようです。
医師でないから他の症状かもしれないけれどと言われ、その日は肩を重点的にマッサージしてもらってから帰宅しました。
調べてみると思い当たる節があったので、大阪のクリニックで診てもらうことにしました。
クリニックで診察してもらったところ、整体で指摘されたように眼瞼下垂だったので驚きましたが、放置しておくと更にひどい状態になるようなので、早めに気づくことができて良かったです。

ネットで眼瞼下垂調べまくってたら、眼瞼下垂症なんじゃない勝手思い始めた…🔍心当たりありすぎる😞
中学生くらいからずっと眠そうって言われるし、気づけば顎を前に出してものを見てる。
意識したことなかったけど眉上らへん触りながら目開けるとめちゃくちゃ動くし、何より原因不明の頭痛持ち。

— くじら🐳 (@imanangi_99) August 5, 2020