大阪で眼瞼下垂の治療を行いました

視界や肩こり、顔の印象も良くなった

眼瞼下垂 大阪 | 眼瞼下垂症|形成外科

肩こりの原因は眼瞼下垂自然治癒はないから手術を決意視界や肩こり、顔の印象も良くなった

眼瞼下垂の治療を行ったことによって、締まりのない顔が元の顔つきに戻りましたし、視界の悪さや肩こりといった問題も解消することができたので本当に良かったです。
気づかないまま生活していると、重症化してしまって治療が困難になっていたと思いますし、大変な思いをしたと思うので早期治療を実現することができて安心しています。
眼瞼下垂かもしれないと指摘してくれた整体のスタッフにはとても感謝しています。
片側の手術だったので左右の瞼の見た目に大きな差があれば再び手術が必要になるかもしれないと説明されていましたが、手術が終わって元の状態に戻った頃にも左右差が感じられることはなかったので再手術の必要はありませんでした。
自分がこの病気になって分かったことですが、眼瞼下垂になっていたとしてもこの症状であるとすぐに気づくことは難しいと分かりました。
瞼が下がることも肩こりが起こることも加齢によるものだと考えてしまいますし、視界が狭くなったのも年を取ると仕方がないことだと勝手に考えてしまっていたのです。
違和感があるのであれば加齢だろうと放置せずに、早急にクリニックに行くべきだと勉強になりました。
今回は片側の手術だけでしたし、いずれ同じ症状が起こってもおかしくないので、次は自分で素早く気づいて大阪のクリニックを訪れるようにしたいです。